J1は11月26日に第33節が行われました。

鹿島アントラーズは、柏レイソルに勝利して優勝をホームで決めたいところでしたが、惜しくも0-0のドローで引き分けとなり、優勝は持ち越しとなりました。

29日に行われる川崎フロンターレと浦和レッズの試合で川崎フロンターレが引き分け以下となった場合鹿島アントラーズの優勝が決まります。

 

残留争いでは、サンフレッチェ広島がFC東京を2-1で破り、残留を決めました。

清水エスパルスは、すでに残留が決まっているアルビレックス新潟と対戦し、前半に2-0とリードするも、後半に3点決められて、逆転を許し、痛い敗戦となりました。

ヴァンフォーレ甲府と大宮アルディージャの直接対決は、0-0のドローに終わり、大宮アルディージャのJ2降格が決まってしまいました。

これでJ2降格のあと1枠は、ヴァンフォーレ甲府か清水エスパルスかのどちらかになりました。

最終節の行方が楽しみです。